どんな車でも買取可能!廃車にかかる費用は無しで処分できる

状態の悪い車はどうするか

乗り物

事故車は普通廃車にするか、お店で安い価格で買取られてしまうのが一般的でした。ですが、実は事故車も専門の業者に査定すればある程度の金額で買取してもらえます。廃車の手続きも省けるので、廃車にするよりも一括査定サイトで買取に出した方がメリットが大きいと言えるでしょう。

もっと見る

専門業者を見つける

自動車

廃車処分のものでも、場合によっては買い取ってもらえることがあります。複数の業者に査定をしてもらいましょう。手を加えれば中古車として販売できることもあるからです。業者によって査定は違ってくるからこそ、いくつか見てもらうことをお勧めします。

もっと見る

比較しながら引き出す

ミニカーとお金

車を下取りしてもらうときにはできるだけ高値で売ることができるようにいくつかの会社に査定をしてもらうのがよいです。また、新車の購入費用と相殺をするような方法をとることができるケースもあるので、販売店に相談してみるとお得な方法が分かります。

もっと見る

車が燃えてしまった時は

鍵を持つ人

燃えた車でも売れます

事故や火事のもらい火などで車が燃えてしまうことが時折あります。どの程度燃えてしまったかにもよりますが、修理すればどうにかなるような状態ではなくなってしまうケースが多いです。また、たとえ修理可能な状態だったとしても、かなり高額の修理費用がかかってしまいます。中古車が1台買えてしまうくらいの修理費用がかかることが多いため、廃車する道を選ぶ人が大半です。しかし、廃車買取の専門業者に見てもらえば、燃えてしまった車でも買い取ってもらえる可能性が十分にあります。たとえ車としての体をなしていなかったとしても、車として買い取ってもらうことができるので、車のオーナーは廃車費用を負担する必要がなくなります。実際には、買取業者が車を解体した後で正式な廃車手続きをとる仕組みになっているのですが、その手続き費用を別途請求されることもありません。燃えた車のオーナーにとってはお得この上ないサービスであるため、多くの人が廃車買取の専門業者を利用しています。

業者を利用する際には

燃えた車を業者に買い取ってもらいたいと考えている時は、廃車買取の専門業者を利用する必要があります。普通の中古車買取業者を利用しても、燃えた車を買い取ってもらうことはできません。なぜなら、車として他の客に転売できる状態ではないからです。廃車買取の専門業者の場合は、まだ動く車については、東南アジア方面に輸出するのが一般的です。国内ではどう贔屓目に見ても売れそうにない車だったとしても、東南アジア方面に持っていけば、割りと簡単に売ることができます。また、動かない車については、解体してまだ使える部品を取り出したり、金属として専門業者に売ったりします。燃えて原型をとどめない状態になっていたとしても、金属としてなら換価する道が残されているのです。だからこそ買い取ることができているわけですが、普通の中古車買取業者はそのようなことは行っていません。ですから、燃えた車を買い取ってもらいたい場合は、廃車買取の専門業者を探す必要があります。